超危険な安い早い旨い

先生業の要点

 

「安い、早い、旨い」
どこかの牛丼屋さんのテーマ?
のような感じですよね。

「安い、早い、旨い」
これほどお客さんにとっては
ありがたい話はありません。

しかし
私たちのような小規模事業者は
絶~っ対!に足を踏み入れてはならない
禁断のポジションです。

いいですか、絶対ですよ!!

最近は緩和されましたが、
少し前まで、牛丼業界は
吉野家、すき家、松屋の3社で
「安い、早い、旨い」で戦争をしていました。

最安値で牛丼1杯250円だったとか・・・。

価格競争が行き過ぎて
現在は350円くらいに落ち着いています。

どこがギブアップするのか?と
それはそれは我慢比べでした。

もしこの争いに
あなたが巻き込まてれいたら・・・
一たまりもなかったはずです。

「安い、早い、旨い」

特に安いを打ち出すと、
このような競争が始まります。

そしてこの競争は資本力が強い
ところが勝つのです。

つまり、
私たちのような小規模事業者が
低価格を打ち出すのは
とっても危険なのです。

私たちは高価格で売らなくてはいけません。

お客さんが高価格でも買ってもらうためには
高価格である理由が必要です。

いかにお客さんが納得する高価格で売る
理由を見つけられるかがとても大切です。


またお越しください

コメントを残す

*