誰もあなたの商品なんて欲しくない

先生業の要点

 

あなたの商品は何ですか?

各々あるでしょう。

では、
あなたは何をお客さんに提供しますか?













ん?

「商品と同じじゃないの?」

と、思った方。

要注意です。

誰もあなたの商品なんて欲しくありません。

欲しいのは
あなたの商品(やサービス)を使って
もたらされる結果です。

その結果が欲しいから
あなたの商品を買うのです。

つまりあなたがお客さんに
提供するものもあなたの
商品ではないということです。

さて
あなたはお客さんに
何を提供しているのか?

もう一度考えてみましょう。

またお越しください

コメントを残す

*