お客さんが減る?

先生業の要点

 

ターゲットとなるお客さんを
絞りましょう!

これもマーケティングでは
よく言われることです。

ターゲットとなるお客さんは

男性なのか?
女性なのか?
年齢層は?
収入は?
既婚?未婚?
住んでる地域は?

・・・・

どんどん絞り込んで行けばいくほど
お客さんから選ばれるようになります。

・・・・・って、言いますよね(笑)?

本当でしょうか?

そんなことしたら
対象のお客さんがどんどん
減っていくような気がして、
怖くなってしまいます。

え~っと、
あなたが経営者であるという
前提で言いますね。

38歳~42歳までの男性経営者が
営業の最初に、ある一言を言うだけで、
成約率が倍になる言葉があるんです。

知りたいですか?










はい。

知りたいですよね?

では、
聞きますが、あなたは
38歳~42歳までの男性経営者ですか?

↑に当てはまらない人もいるんじゃないですか?

でも、聞きたいですよね(笑)?

大切なのはこれです!

何で自分が対象でないのに聞きたいか?

それは

「そんなに良いものであれば
完全に対象でなかったとしても
少しは効果を得られるのでは?」

と期待をするからです。

だから、
「38歳~42歳までの男性経営者」
と、謳うと
「43歳だけど大丈夫ですか?」
「女性経営者ですけど、話を聞きたいです」
「経営者でなく営業マンですけど、
営業力が上がるなら、聞かせてもらえませんか?

と、やってくるのです。

なぜやってくる?

それは

「気になる」からです。

あえてターゲットを絞って
限定をすることによって
限定外の人はとても気になります。

「あの人だけ・・・私も知りたい」と(笑)

この「気になる」というのが重要です。

気にならないものは
どの層にも絶対に売れません!

ターゲットを絞って
限定をすることによってターゲット外の人の
「気になる」
を引き出すことができるのです。


またお越しください

コメントを残す

*