具体的に伝える

先生業の要点

 

 

きのう、
行政書士さんと会いました。

仕事の話になってその行政書士さんは

「ドローンの許可に関すること」
も行っているとのことです。

最近、
行政書士さんからドローンの
許可云々の話をよく聞きます。

そこで
思っていた疑問をぶつけてみました。

「ドローンの許可業務ってどんなところに
需要があるんですか?」

すると、
建設会社が建物や土地の全体図を撮影
イベント開催時の撮影など、
いくつかの例を出してくれました。

なるほど、
意外に「需要はあるな~」
ということが分かりました。

同時に
個人レベルでも例えば
仲間内でバーベキュー大会を
開いた場合に撮影に小型ドローンを
飛ばすこともあるそうです。

運動会やなどもありですね。

というように
自分たちでも気軽に使える
機会があるということも
そこで知ったのです。

しかし
基本的にドローンの飛行
許可が必要なのです。

だから
「ドローンの許可業務やってます」
が活きてくるわけです。

このように
具体的な案を聞けば聞くほど
需要が高まってくるのです。

ただ、
「ドローンの許可申請をやっています」
と言われてもピンときません。

あなたのビジネスではどうですか?

例えば
「目がかすむ方」
と言うよりも
「新聞を見てその後に遠くを
見るとぼやけて見える方」
と言った方がお客さんには響きます。

あなたの持っている専門知識を
素人レベルまでかみ砕いて
具体例にまで落としてみましょう。

そこではじめて
「それ私です!」
とお客さんから言って
もらえるかもしれませんよ?

またお越しください

コメントを残す

*